祈念祭

きねんさい
初春

年祈(としご)ひの祭 二月四日に神祇官で行われる宮中儀式。その年の豊穰と国家の繁 栄などを、神に祈る。年は稔のことで、五穀の実りを意味する。 中世に廃れたが、明治になって再興された。

コメントは受け付けていません。