巳の日の祓

みのひのはらえ/みのひのはらへ
晩春
上巳の祓

陰暦三月最初の巳の日の宮中行事。天皇が人形(ひとがた)で体 を撫でられ、息を吹き掛けて心身の穢れをうつし、その人形とお 召し物とを川に流して禊とした。後にこれが民間にも広まり、雛 遊びの風習と結びついて、雛祭の行事に発展した。

コメントは受け付けていません。