湯立獅子

ゆだてじし
仲春

神奈川県仙石原にある諏訪神社で毎年三月二十七日に行われる祭 事。神社での神事のあと、境内で各種の舞が奉納され、最後に獅 子が煮たった湯釜の湯を笹の葉でかき回したあと、その湯花を参 拝客に振りかける。獅子に湯花をかけてもらった人は、無病息災 で一年を過ごせるという。

コメントは受け付けていません。