浦佐の堂押

うらさのどうおし/うらさのだうおし
仲春
押合祭

新潟県南魚沼市の普光寺毘沙門堂の裸押合祭。毎年三月三日、積 雪二メートルのなかで行われる。信者は水垢離をして身を清めそ の年の除災招福を祈願しようと押合いもみ合い本尊に参前する。 冷水を浴びた男衆が五穀豊穣、家内安全を願い、ご利益の御札を 我先に奪い合う。

コメントは受け付けていません。