棕櫚の日曜日

しゅろのにちようび/しゆろのにちえうび
晩春
棕櫚の聖日/枝の聖日/パームサンデー

復活祭の一週間前の日曜日。イエスがエルサレムに入城する際、 イエスを「支配から解放するもの」と期待していたユダヤ人は、 イエスの通る道に棕櫚の枝を切ってきて敷いたという。しかし、 この日から数日後、ユダヤ人の勝手な思い込みから、イエスは 十字架にかけられることになる。これが「棕櫚の日曜日」の由 来とされる。イエスの受難を思う日である。

コメントは受け付けていません。