海松

みる
三春
みるめ/海松房/みるめ刈る

【解説】
ミル目ミル科の海藻で岩礁に着生する。日本に広く分布し丈は二 十センチから四十センチくらい。スポンジのようにやわらかい枝が、 松葉のように枝分かれする。古くは食用にしたが、今はあまりか えりみられない。
【科学的見解】
海松(ミル)は、茎葉が二叉分岐して成長する原始的な形態特徴を持ち、日本近海の浅瀬岩場などで見られる緑藻類である。ミルの仲間としては、タマミル、ハイミル、イトミル、ネザシミル、モツレミルなど複数種存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。