青海苔

青海苔/あおのり/あをのり
三春
いとあおさ/長青海苔/笹海苔/薄葉青海苔/ひとえぐさ
緑藻類アオノリ属の総称。日本各地に広く分布し、汽水域あたり で繁茂する。丈は三十センチくらいになり、葉は青々としている。 養殖も盛んで、汽水域などに網などをしつらえてのりを採取する。
青のりや見るがごとくに伊勢の海
蝶夢「草根発句集」
青海苔や石の窪ミのわすれ汐
几董「井華集」
青海苔や葭簾に伏し蜑が軒
闌更「半化坊発句集」
青海苔や水にさしこむ日の光
正岡子規「寒山落木」

コメントは受け付けていません。