明日葉

あしたば
晩春
八丈草/明日草

【解説】
セリ科アンジェリカ属の多年草。関東南部から紀伊半島、伊豆七 島などの海岸に生える。高さ約一~二メートル。葉は羽状複葉で 無毛、質厚く柔かい。今日摘んでも明日には若葉が出るのが、こ の名の由来。天ぷらなどにする。
【科学的見解】
明日葉(アシタバ)は、海岸付近の岩礁部などに生育する在来の多年生草本植物である。島嶼部などでは、畑で栽培されている。茎を折ると濃い黄色い汁液が出るのが特徴である。近縁の種としてハマウドが存在するが、ハマウドの茎からは黄色の汁液は出ない。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。