アスパラガス

asuparaあすぱらがす
晩春
松葉独活/西洋独活/おらんだきじかくし

【解説】
ユリ科の多年草。原産地のヨーロッパでは紀元前から栽培。多肉 質の若い茎を食用にする。芽の出る前に土寄せして日光を当てず に収穫するのがホワイトアスパラガス。土寄せせずに緑化させた ものがグリーンアスパラガス。
【科学的見解】
アスパラガスの和名は、マツバウド(松葉独活)もしくはオランダウドである。日本での本格的な栽培は、明治以降に北海道で始まった。新芽(主に茎)を食べる野菜であるが、緑や白に加え、近年では紫のアスパラガスも市場に出回っている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。