くだら野

くだらの
三冬

朽野 枯野のことであるが、枯野よりも草木の枯れ朽ちた様がより強調 される季語である。

くたら野の果てや梓の弓の音
蝶夢「草根発句集」

くだら野や日のさす方に鳥の声
嘯山「葎亭句集」

くたら野や人を喰ふと鳴く烏
一茶「八番目記」

くだら野や頼めて来ぬる灯は娼家
庄司瓦全「改造文学全集」

コメントは受け付けていません。