雪迎へ

ゆきむかへ
晩秋
遊糸

晩秋、小さな蜘蛛が糸にぶら下がった状態で、空高く風に吹かれるさまをいう。蜘蛛が繁殖地を広げるため、というような説もある。

コメントは受け付けていません。