四迷忌

しめいき
初夏

五月十日、二葉亭四迷の忌日。四迷は明治時代の小説家、ロシア 文学翻訳家。坪内逍遥の影響をうけ近代日本文学史上初の写実主 義小説「浮雲」を出版。文学を生涯の仕事とせず新聞記者として ロシアに赴任。肺結核が悪化して帰国途中の船室で亡くなった。評 論に「小説総論」、翻訳にツルゲーネフの「あひびき」「めぐり あひ」がある。

コメントは受け付けていません。