北枝忌

ほくしき
仲夏

陰暦五月十二日、立花北枝の忌日。北枝は江戸前期の俳人、蕉門 十哲のひとり。金沢で研師をしていたが、芭蕉の奥の細道の旅で 出会い入門、随行。山中温泉滞在中に芭蕉、曽良と三吟歌仙を巻 いた。芭蕉追善集「喪の名残」を刊行。

北枝会と申しそめけり秋しぐれ
眉山「北枝会」

北国の涼しき夏や北枝が忌
青木月斗(同人)-

コメントは受け付けていません。