晶子忌

あきこき
初夏

白桜忌 五月二十九日、与謝野晶子の忌日。晶子は明治、大正、昭和の歌 人、詩人。処女歌集「みだれ髪」で近代日本文学史上に浪漫主義 詩歌の位置を確立。鉄幹と結婚後も明星派の歌人として活躍。日 露戦争の反戦歌「君死にたまふことなかれ」は有名。源氏物語の 翻訳や評論活動にも熱心であった。

コメントは受け付けていません。