独歩忌

どつぽき/どくぽき
仲夏

六月二十三日、国木田独歩の忌日。独歩は明治時代の詩人、小説 家。キリスト教に入信、教師の後日清戦争の従軍記者となる。 「独歩吟」で詩人として認められた後、小説に専心「武蔵野」 「忘れえぬ人」「牛肉と馬鈴薯」等を残した。

コメントは受け付けていません。