露伴忌

ろはんき
晩夏
蝸牛忌

七月三十日、幸田露伴の忌日。露伴は明治、大正、昭和期の小説 家、随筆家。「風流仏」で文壇に認められ、「五重塔」「天うつ 浪」等の小説を残す。研究においても「芭蕉七部集」の評釈に優 れた業績を残した。

コメントは受け付けていません。