谷崎忌

たにざきき
晩夏
潤一郎忌

七月三十日、谷崎潤一郎の忌日。潤一郎は、明治、大正、昭和の 小説家。永井荷風に推され文壇にデビュー、耽美的作品を数多く 残した。代表的な作品に「痴人の愛」「蓼を喰う虫」「春琴抄」 「盲目物語」「細雪」源氏物語の現代語訳にも力を注いだ。

コメントは受け付けていません。