しづの女忌

しづのじょき/しづのぢよき
晩夏

八月三日、俳人、竹下しづの女の忌日。しづの女は、吉岡禅寺洞 の手ほどきで俳句を始め、俳誌「ホトトギス」で活躍した。代表 句に「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎」がある。

コメントは受け付けていません。