梅鉢草

うめばちそう/うめばちさう
晩夏

ユキノシタ科の多年草。北海道から九州までの、日当たりの良い やや湿った山野に自生する。白い五弁の花が梅鉢の紋に似ている ところから名が付いた。広い卵形の葉が根生し、その間から直立 した花茎が伸び、その頂に、直径二センチほどの花をひとつづつ付ける。清楚な感じのする花である。草丈は十~四十センチ。

コメントは受け付けていません。