浦島草

うらしまそう/うらしまさう
初夏

サトイモ科テンナンショウ属多年草。全国の湿った草地や落葉樹 の林内に自生する。太い茎が直立し、深く裂けた大きな葉を数枚 つける。茎の途中から花柄を出し、その先に暗紫色の仏焔包がつ き、その中に肉質の花穂をつける。花穂の先が長いひも状になっ て仏焔包から出ているのを、浦島太郎の釣り糸に見立てた名前。 草丈は二十~五十センチ。林中で見かけるとその色や形に少し ギョっとする。

コメントは受け付けていません。