石斛の花

sekkokuせっこくのはな/せきこくのはな
仲夏
石斛/巖木賊

ラン科の常緑多年草。暑さに強い日本原産のラン。岩や老木の枝 等に着生する。白っぽい紐のような根で着生し、根元から太い茎 が束生する。二年から三年経った古い茎の上部に、白色又は淡紫 色の美しい花を数個つける。茎には節があり、新しい茎には節ご とに披針形の葉が互生している。古くから干したものを薬用とし た。草丈は十センチ~二十センチ。

石斛や朝雲ひかる峰の寺
高田蝶衣「青垣山」

コメントは受け付けていません。