蛇髭

じゃのひげ
晩夏
竜の髭/はづみだま/蛇の髭の花

ユリ科の常緑宿根草。全国の山野や身近な道端等に生育する。匍 匐枝を延ばして群生する。細長い葉が蛇の髭のようだというので この名が付いた。夏、束生した葉の間から花茎を伸ばし、白又は 薄紫色の小さな花を下向きに数個つける。秋になると丸い瑠璃色 の美しい種子をもつ。草丈は十センチ~十五センチくらいだが、 矮性のものもある。植込みの下草や縁取りとして使われる。別名 リュウノヒゲ。

コメントは受け付けていません。