梅笠草

うめがさそう/うめがささう
仲夏

イチヤクソウ科の常緑多年草。山野・海辺の林中の木陰に生育する。 葉は広被針形で直立した茎に数枚輪生する。六月頃、茎の頂にウメに似た五弁の小花がひとつつく。草丈十センチぐらい。

コメントは受け付けていません。