蠅取草

はえとりぐさ/はへとりぐさ
仲夏
蠅毒草/蠅捕草/うじころし

ハエドクソウ科の多年草。北海道から九州にかけての落葉広葉樹 林に広く分布する。七月から九月にかけて、淡い紫色から白色の 花を咲かせる。草全体に有毒物質を含み、ハエの幼虫を殺したり、 蠅取り紙を作るのに利用したことからこの名がついた。

コメントは受け付けていません。