薄雪草

うすゆきそう/うすゆきさう
晩夏
エーデルワイス

キク科の多年草。山地や乾いた草原等に自生する。蝦夷・千島・ 早池峰等生育する地名を冠したものやホソバナウスユキソウ、ミネウスユキソウ等の総称で、エーデルワイスも仲間。葉は長楕円 形で表は白っぽい緑色、裏は灰白色。茎の頂に短く柄分れして黄 褐色の小花がつく。花弁のように見えるのは包葉であり、草全体 が薄雪をかぶったように白い綿毛におおわれている。草丈二十五 ~六十センチ。

コメントは受け付けていません。