柳蘭

やなぎらん
三夏
柳草

アカバナ科の多年草。山野の日当たりの良い草原に群生している。 葉が柳の形に似ているところから名が付いた。直立した一メートル~一.五メートルの茎に葉が互生し、上部に花穂が出て濃いピンク色の4片の花が多数つく。花は下から上へと咲き上がる。秋 に細長い五~八センチくらいの果実が出来、熟すと裂けて、白く長い綿毛のついた種子を風に飛ばす。美しい花も、秋風に吹かれ る種子の白い綿毛も印象的である。

コメントは受け付けていません。