高砂草

たかさごそう/たかさごさう
初夏
【解説】
キク科の多年草。日当たりの良い原野に自生する。草丈三十センチくらいで細長い葉を持ち、直立した茎の頂に表が白く裏側が薄 紫色の花をつける。
【科学的見解】
高砂草(タカサゴソウ)は、本州から九州までの乾燥した草原に生えるニガナ属の多年草である。本種も、近年個体数が急激に減少し、絶滅危惧種となっている。野生個体は、ほとんど見ることができない。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。