綿菅

watasuge
わたすげ
晩夏

カヤツリグサ科の多年草。深山・高層の湿地に群生する。養分の 少ないやせた土地を好む。尾瀬ケ原・霧ケ峰・八幡平・日光戦場 ヶ原等で大群落が見られる。花が終わった後、実につく白い綿毛 が目につくが、五~六月頃咲く花は地味で目立たない。綿菅の綿で埋め尽くされた湿原は心に残る風景である。草丈は二十~五十センチ。

コメントは受け付けていません。