風知草

ふうちそう/ふうちさう
晩夏

イネ科の多年草。山中の崖や岩地に生育する。葉の裏が白っぽい ところから裏葉草ともいう。葉形は線形でしなやか、途中で葉裏が見えるように折れ曲がる。花茎の頂に円錐状の花穂をつける。 鉢植にして涼し気な葉が風に揺れる様を楽しむ。草丈三十~八十 センチ。

コメントは受け付けていません。