白根葵

siraneaoi
しらねあおい/しらねあふひ
晩夏

キンポウゲ科の多年草。日本原産の植物である。深山に自生するが、日光の白根山に多いところから名が付いた。直立した茎に掌状の葉を互生する。花は茎の頂にひとつ咲く。四枚の花弁のよう に見えるのは萼で、中心に雄シベと雌シベがある。直径五~十センチの大きな淡紅色の花は平開し、立葵の花に似ている。草丈二 十センチ~六十センチ。

コメントは受け付けていません。