牡蠣飯

かきめし
三冬

牡蠣はさまざまな料理に向く食材として重宝される。その牡蠣を 使ってご飯を炊いたもの。料亭などでは、土鍋に仕立てたりもするが、家庭では牡蠣を一緒に炊き込むか、飯の吹きあがった時に手 早く牡蠣を入れ蒸らしながら火を通すかする。塩味、薄口醤油な どで味を付け、三つ葉や海苔を散らすと風味もよい。

牡蠣飯の釜画きたる行燈かな
内藤鳴雪 「明治俳句」

コメントは受け付けていません。