芹焼

せりやき
三冬
芹鍋

今では肉や魚の臭みを消すため芹を用いて調理した、汁の少ない鍋物などをさして言うが、本来は地を掘って並べた石の上で火を 焚き、焼石の上に芹をのせ上を蓋って蒸し焼きにしたもの。これをたまりに酢を加えた調味料で食べる。

法師また立てり芹やきごろの沢の暮
言水「東日記」

悲しまむや墨子芹焼を見ても猶
芭蕉「向之岡」

芹焼やすそわの田井の初氷
芭蕉「其便」

芹焼の夜やまぼろしの鶴の声
月居「河鵆」

コメントは受け付けていません。