慈姑

くわい/くわゐ
仲春
白慈姑/青慈姑/吹田慈姑/壬生慈姑

オモダカ科の水生多年草で水田で栽培される。塊茎を食用とし、 「芽が出る」縁起の良い食物として正月料理にもなる。夏に白い 花を咲かせ、十二月から四月頃までが収穫期である。産地として は広島県の福山市が有名である。

コメントは受け付けていません。