烏芋

くろぐわい/くろぐわゐ
初春
大黒慈姑

カヤツリグサ科の多年草。池や沼、水田に生育する。地下茎を伸 ばして群落し、春に芽を出す。地下茎の先端には球根状の塊茎が できる。春、それを切り取って食用とする。食感、味とも慈姑に 似る。

泥つきて床し烏芋は何の玉
乙二「発句題叢」

コメントは受け付けていません。