葭切(よしきり) 三夏

yosikiri【子季語】
行々子、葭雀、大葭切、小葭切、蘆雀、麦熟らし
【解説】
夏、水辺の葦の茎に止まって、「ぎょっぎょっ」と大きな声で鳴く鳥。鳴声から行々子とも呼ばれる。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【実証的見解】
スズメ目ヒタキ科の夏鳥。五月ころ南方から飛来して日本国じゅうの水辺の葦原で営巣する。大葭切と小葭切がいるが俳句で「葭切」といえば大葭切をさす。体長は十八センチくらい。全体的に灰褐色で腹部は白っぽい。口の中が赤く、さえずるとこの色が目立つ。郭公は葭切の巣に托卵する。

*

能なしの眠ぶたし我を行々子
芭蕉 「嵯峨日記」

よしきりや汐さす川の水遅し
几董 「晋明集二稿」

よしきりの鳴き止むかたや筑波山
大江丸 「俳懺悔」

行々子大河はしんと流れけり
一茶 「九番日記」

夕潮の満ちわたりけり葭すゞめ
日野草城 「青芝」

一渡しすれば日出でつ行々子
大須賀乙字 「炬火」

葭切や晒布に重石拾ひ置く
高田蝶衣 「青垣山」

葭切や文王魚籠をのぞき去る
永田青嵐 「同人句集」

よしきりの現はれて啼く青嵐
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

月やさし葭切葭に寝しづまり
松本たかし 「石塊」

喜雀ふたりにされてゐたりけり
石田波郷 「風切」

コメントは受け付けていません。