仙人草

senninsou

せんにんそう/せんにんさう
晩夏

キンポウゲ科の蔓性多年草。日本各地の山野、日当たりのよいところに自生する。葉は葉状複葉で、小葉は卵型。六月から九月にかけて、まばらに枝分かれした茎の先端部または葉腋に花序がつき、白い四弁のがく片を持った蘂の長い花を咲かせる。

コメントは受け付けていません。