紅茸

紅茸/べにたけ
仲秋
【解説】
ベニタケ科ベニタケ属の茸の総称。紅茸といっても、色は茶から灰褐色、ピンクなどさまざま。茸はもろく折れやすい。ほとんどが辛く、食には適さない。赤いものが多いのでこの名がある。
【科学的見解】
紅茸類の代表種としては、ドクベニタケやシュイロハツ、チシオハツなどが挙げられる。これらは、マツ林やシイ・カシ林でよく見られ、樹木と共生を行っている共生菌類である。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。