猿の腰掛

猿の腰掛/さるのこしかけ
三秋
胡孫眼/猿茸/万年茸/霊芝
サルノコシカケ科およびキコブタケ科の硬い多年生の茸の総称。数十年経過したものは傘の径が一メートルにもなるものがある。切り株や立ち枯れの樹木に発生する。一部ではガンの抑制効果があると信じられているが、定かではない。

コメントは受け付けていません。