鶴岡八幡宮御璽頂き

鶴岡八幡宮御璽頂き/つるがおかはちまんぐうごはんいただき/つるがをかはちまんぐうごはんいただき
新年
御判行事
鎌倉の鶴岡八幡宮に伝えられている神事。元旦から七日までの間、舞殿で執り行う。ふだんは本殿の御神座近くに納めてある御神印を、額に押し当てることで病気平癒、厄除け、無病息災、学業成就を祈念、牛王宝印と呼ばれる神符を授与する。鎌倉時代の武将は出陣の際に詣でて御神印を受けたと伝えられる。

コメントは受け付けていません。