子祭

子祭/ねまつり
仲冬
福来/子燈心/燈心売/二股大根/嫁大根
陰暦十一月の子の日に大黒天を祭る行事である。大黒は大国(大国主命)に通じることから、大国主命を救った鼠が、大黒天の使いであるという俗信による祭。黒米や黒豆、葉つきの二股大根などを供え、商売繁盛、子孫繁栄を願う。また古くは、大黒天の縁日である甲子(きのえね)の日に灯心を買うと、その家が栄えるといわれた。
子祭や大根白く神黒し 嘯山「葎亭句集」
子燈心ことに御燈の光かな 蕪村「夜半叟句集」
子祭りや寝て待てばぼたもちが来る 一茶「九番日記」
デパートに入り込み人の子灯心 松瀬青々「松苗」

コメントは受け付けていません。