塗炉縁

ぬりろぶち
初冬
木地炉縁

茶道の炉と畳を区切るための木枠のこと。漆黒や真紅に塗られたもの、蒔絵を施したものなどいろいろある。

コメントは受け付けていません。