年貢納

ねんぐおさめ/ねんぐをさめ
仲冬
年貢米/年貢/小作納/蔵著

年貢米を領主に納めること。暮までに収めるのが定めであった。江戸時代の制度である。

羽織着て馬負ふ年の貢かな
白図「発句題叢」

兄弟の年貢納やゴムの靴
相島虚吼「相島虚吼句集」

唐箕唄豊かに年貢囃しけり
佐々木北涯「俳人北涯」

高らかに関の戸うつや年貢馬
島田五空「裘」

コメントは受け付けていません。