乙子の朔日

おとごのついたち
晩冬
乙子の餅/川浸餅

乙子は陰暦の十二月のことで、朔日は一日のこと。つまり陰暦十二月一日のことである。昔、この日餅をついて祝うという習慣があった。いつから始まったかは定かではない。

すずりこそおとごのついたちゑの海
季吟「山の井」

コメントは受け付けていません。