才蔵市

さいぞういち/さいざういち

戸時代、三河から江戸に下って来た漫才師が、相方の才蔵を雇うための市。暮れも押し詰まったころ、日本橋の四日市で市が立ち、漫才の巧拙で雇い賃が決まったという。

コメントは受け付けていません。