掛乞

かけごい/かけごひ

掛取/附(つけ)/書出し/借銭乞

半年分の付けの代金を、暮に取り立てること。払えないものは雲隠れし、取り立るものは大晦日まで忙しく動き回った。米、味噌、醤油など、いまでも半年払いにしている旧い家もある。

掛乞や無言でいぬる餅の音
許六「犬注解」

掛乞や猫の啼き居る台所
支考「草苅笛」

乞ひに来ぬかけ乞こはし年のくれ
北枝「草庵集」

掛乞ひに水など汲んで貰ひけり
一茶「七番日記」

街かげにわれも掛乞の一人なる
原石鼎「花影」

掛乞の橋に来て心定まれり
島田青峰「青峰集」

コメントは受け付けていません。