餅の札

餅の札/もちのふだ

江戸時代の物乞いの風習。餅搗の終った家々を廻り、餅をくれた家には札を張り、餅をくれない家との違いをあきらかにした。
弱法師我が門ゆるせ餅の札
其角「猿蓑」
寒居士の面起こすや餅の札
松瀬青々「明治俳句」

コメントは受け付けていません。