千葉笑

ちばわらい/ちばわらひ

千葉の千葉寺(せんようじ)の大晦日の集いのこと。庶民が面体を隠して集まり、役人や庄屋などの日ごろの行状を書き出し、大いに笑いあったという。「諸役人この笑ひに逢はじと、常に謹むなり」『本朝俗諺志』とある。

千葉寺や隅のこどももむり笑ひ
一茶「九番日記」

眉つつみ狐も出るや千葉笑ひ
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。