岡見

おかみ/をかみ

逆蓑

大晦日の夜、蓑を逆さに着て、高いところから自分の家を見れば、来年の吉凶が見えるというもの。

岡見すと妹のつくろひぬ小家(こへ)の門
嵐雪「其袋」

闇がりにひとりうなづく岡見かな
営之「河鵆」

岡見すと云ひけむ細井治朗太夫
伊藤松宇「松宇句集」

老人の何に驚く岡見かな
石井露月「露月句集」

コメントは受け付けていません。