アカンサス

あかんさす
晩夏
葉薊
【解説】
キツネノゴマ科アカンサス属耐寒性宿根草。地中海原産で庭などに植えられる。アザミのような葉を持ち、六月から八月にかけて太い花径を伸ばし白い唇形花を下から順に咲かせる。丈夫で育てやすい植物である。
【科学的見解】
アカンサスは、アカンサス属の複数の種や園芸品種類の総称である。いずれも観賞用として庭先や公園などで栽培されている。生育特性としては、耐寒さ性があり、水はけの良い場所を好む。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。