銀盃草

ぎんぱいそう/ぎんぱいさう
晩夏
銀杯/ニエレンベルギア

ユキノシタ科ギンバイソウ属の多年草。本州の関東から西の山地に自生する。草丈は五十センチから八十センチくらい。楕円形の葉は対生し、全体がまばらな毛でおおわれる。七月から八月にかけて集散花序を出し、十個から二十個の白い小さな花をつける。

コメントは受け付けていません。